股関節の病気と治療 | 医療法人 啓明会 相原病院・人工関節センター・大阪府箕面市

TOPページ ごあいさつ 当センターの特長 過去の手術件数 膝関節の病気と治療 膝関節の病気と治療 人工膝関節置換術 股関節の病気と治療 股関節の病気と治療 人工股関節置換術 治療の流れ 診療のご案内 よくあるご質問 スタッフ紹介

股関節は脚の付け根にある、骨盤と大腿骨とをつなぐ大きな関節です。脚と胴体をつなぐ球の様な形状でいろんな方向に動き、歩いたり座ったり日々の生活をする上で非常に大切な関節です。股関節が痛くなると歩く姿勢が悪くなって脚も短くなり、歩行が不自由になり跛行(びっこ)や杖歩行となります。また腰痛や膝痛の原因にもなります。

関節の軟骨が摩り減ることで起こる病気で、日本では人工股関節の手術を受ける大半の患者さんがこの病気です。臼蓋形成不全(股関節の骨盤側の受け皿の部分が浅い)や先天性股関節脱臼のある方は軟骨が摩り減りやすく、早い人では30歳台から強い痛みが出て、40歳台で軟骨が完全に磨り減って手術が必要な状態になることもありますが、多くは60歳台になって手術を要します。痛みが軽いうちは鎮痛薬や運動療法(体操、プール歩行)などの保存療法(手術をしない治療)を行いますが、痛みが日常生活の支障になると、手術療法が必要になります。軟骨の摩り減りが少ない初期の段階であれば自分の骨を利用した手術(骨切り手術)で痛みが取れることがありますが、進行した状態になると痛みやこわばりが強くなり、股関節を十分に曲げたり広げにくくなり、歩行が困難となると人工股関節置換術が必要になります。しかし、人工股関節の手術を行うことでほぼ通常通りの日常生活は可能となり、多くの方々がショッピングや趣味などでの外出や旅行を楽しんでいます。 最近は70歳をすぎてから急に軟骨が減ってきて、関節症が進行する方も増えており、そのような方は痛みが強く、早期に手術が必要になる場合が多いですが、高齢者(80歳台やそれ以上)でも安全に手術が可能ですので、高血圧など多少の合併症を持たれている方でも、一度ご相談ください。

臼蓋形成不全(骨盤の屋根が小さい)はあるも、関節軟骨は残っている状態。

関節の隙間(関節軟骨)が無くなり、骨頭も変形します。

変形が進み大腿骨の付け根や骨盤に骨のトゲ(骨棘)が出来て骨が硬くなり、骨の中に嚢胞(骨がゼリー状の組織に置き換わる)を生じた末期の関節症。

先天性股関節脱臼のレントゲン写真 本来の関節から脱臼して上方に関節を形成し、脚の短縮と関節症変化を認めます。

骨頭壊死症の股関節のレントゲン写真
骨頭内の骨が壊死し、そこが陥没すると激しい痛みを伴います。

大腿骨の付け根にある、球状の部分を大腿骨頭といいます。その骨頭の体重を支える大切な骨が壊死(骨の細胞が死んでしまうこと)を起こして潰れ、強い痛みを生じる原因不明の病気で難病に指定されています。仕事盛りの壮年男性(アルコールの多飲と関係があると言われています)や、他の病気の治療(アレルギー疾患、膠原病、臓器移植など)のためのステロイドという薬剤の使用に関連して若い女性に発症することが多く、いまだに予防も治療も困難な病気です。壊死の範囲が小さく痛みが無ければ経過観察で良いですが、痛みが強い場合には骨頭の骨切り術をして壊死のない部分の骨で体重を支える手術をします。しかし、骨頭の破壊が進んで圧壊(地盤沈下の様に骨頭が崩れること)が進むと、人工股関節の手術が若年者でも必要になります。

関節リウマチの股関節のレントゲン写真
変形は軽度ですが軟骨が消失し、骨も萎縮します。

関節リウマチとは自己免疫疾患(免疫異常によって体の正常な組織を傷害する病気)の一つで、全身のあらゆる関節の軟骨が傷害される原因不明で完治困難な病気です。治療の基本は内服での投薬治療ですが、近年新しく生物製剤という高い効果が望める注射薬の開発に伴って治療成績が大幅に向上していますが、問題点は非常に高価なところです。手や指の関節炎から始まり脚の関節にも及び、早期から的確な治療を行わないと徐々に関節が変形していきます。軟骨が傷害される病気なので、一度変形すると元には戻りません。特に股関節や膝関節など脚の大きな関節に痛みが出て変形すると、歩行時の激しい痛みなどで日常生活動作が著しく制限されます。ここまで病気が進むと、ステロイドやヒアルロン酸の関節注射では効果が不十分で、先述した最新の生物製剤でも関節炎は改善されますが、変形した関節による障害には無効で人工関節の手術が必要になり、人工関節置換術は場合によっては、肩、肘や指の関節でも行う場合があります。 頑張るのは悪いことではありませんが、痛みを耐えて我慢し過ぎると股関節がほとんど動かないくらい固まったり(拘縮股)、股関節が骨盤の内側にめり込んだり、骨がどんどん痩せてきて(骨萎縮)、手術がとても難しくなる場合がありますので、手術のタイミングはとても重要です。当センターでは、高度の変形などによる困難な手術にも対応可能ですが、術後の可動域の改善には限界もありますので、あまり我慢し過ぎずに受診されて、ご相談くださる事をお薦めします。

Copyright(c) Aihara Medical Center. All Right Reserved