当センターの特長 | 医療法人 啓明会 相原病院・人工関節センター・大阪府箕面市

TOPページ ごあいさつ 当センターの特長 過去の手術件数 膝関節の病気と治療 膝関節の病気と治療 人工膝関節置換術 股関節の病気と治療 股関節の病気と治療 人工股関節置換術 治療の流れ 診療のご案内 よくあるご質問 スタッフ紹介
ttl-feature-title01
ttl-feature-img01

当センターは大阪大学医学部整形外科関連病院で整形外科全般の経験を積んだ上に、市立豊中病院から関西労災病院元副部長として人工関節を専門に診療にあたった日本整形外科学会専門医相原雅治と、箕面市立病院、大阪鉄道病院、ガラシア病院で勤務後相原病院・整形外科部長として勤務してきた日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション学会認定医 岡史朗と、各種人工関節の手術器械の扱いになれた手術部看護師、人工関節の術後リハビリテーションに精通した理学療法士3名が術前から術後まで一貫した治療にあたります。

そして、特に変形性膝関節症患者は多くの場合、変形性腰椎症も合併しています。その結果として、腰部脊柱管狭窄症となり歩行困難がさらに増悪することも多く見受けられるため、大阪府立病院から市立豊中病院元医長として脊椎外科を専門に診療にあたった日本整形外科学会専門医、脊椎脊髄病専門医の加藤泰司が脊椎外科部門をサポートし、必要な症例には手術を含む適切な治療を行える体制になっています。

ttl-feature-title02
ttl-feature-img03
ttl-feature-img04

感染はあらゆる手術で避けられない合併症ですが、人工関節手術は異物としての人工関節を身体に入れるため、外科手術の中で最も高い清潔度が要求されます。したがって術後感染症(細菌が入って膿んでしまうこと)を予防するための可能な限りの対策をとっています。

当センターでは最新のバイオクリーンルーム、手術を行う医師と看護師の全身を覆い、術者からも塵ひとつ術野に落ちないように宇宙服のような手術衣を着用し、抗生剤の適切な使用などで感染の予防に全力を努めています。

ttl-feature-title03
ttl-feature-img05
ttl-feature-img06

近年、できるだけ患者さんの負担が少なく、早期に回復できることを目指した手術(低侵襲手術・
MIS)が、人工関節を専門に行っている施設で導入されています。しかし、小さな傷では手術中の視野が当然狭くなるので、経験の少ない外科医が行うとリスクも増加する手術になりますが、当センターでは変形の非常に強い場合を除き、ほぼ全例に低侵襲での手術を行っています。手術創は一般的に行われていた手術の傷に比べても約半分から2/3程度で行っていますし、筋肉などの損傷も可能な限り少なく行っています。

侵襲を少なくする手術の目的は美容面だけではなく、術後の早期回復を目指しています。術後長期間のベッド上での安静は、とても苦痛なものですし、血栓症などの合併症の原因となります。当センターでは疼痛をコントロールしながら、手術翌日からの歩行を一般的なリハビリプログラムとしています。

ttl-feature-title04
ttl-feature-img07
ttl-feature-img08

手術は痛いもの、がまんするのが当たり前というのは従来の古い考え方です。人工関節手術はできるだけ術後の痛みを除いて、早期から無理なくリハビリを進めることが、合併症を減らしスムーズに日常生活に戻る近道であることが最近のデータから明らかになっています。

当科では麻酔医との連携のもと、硬膜外麻酔や適切な鎮痛剤の使用など術後の疼痛緩和対策を実施しています。また大病院の様に画一的なリハビリメニューではなく、痛みに応じてメニューを的確に調整しつつ、リハビリを早く順調に進めていく早期回復プログラムにも取り組んでいます。

ttl-feature-title05
ttl-feature-img09
ttl-feature-img10

手術は勿論ですが、治療にとても必要な事がリハビリテーションです。当院は小さな施設ですがその反面、大きな施設に有りがちな毎日リハビリの担当が替わったり、しかも、その担当が自分の病状を理解していないとか、術後にも関わらず週末のリハビリがお休みでガッカリなんて事はありません。
3名の理学療法士が365日体制で、個人個人に合った術前・後のリハビリを、それぞれが責任を持って担当します。施設案内

人工関節手術後の患者さんは通常約3週間で自宅に帰れますが、手術前にあまり歩いていなかった方は回復が少し遅れる場合もあります。大病院では画一的な入院期間を求められることも多いですが、当センターではそのような方も焦らずにリハビリを継続して頂いていますし、若年者で早期の社会復帰を望まれる方では2週未満でも退院をしていただいています。

ttl-feature-title06
ttl-feature-img11
ttl-feature-img12
ttl-feature-img13
ttl-feature-img14

人工関節手術が必要となる疾患は変形性関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死や外傷後の関節症 など、直接命に関わるような病気ではありませんので、手術の目的は生活の質(Quality of Life:QOL)の向上です。したがって手術に際して全身的に大きな危険性がある場合には、一般的に人工関節手術の適応外となります。

人工関節手術を受ける患者さんの年齢は股関節で50-60歳台が中心、膝関節ではもう少し高齢で60-70歳から最近は80歳台の方と比較的高齢の方が多く、高血圧などの生活習慣病などの内科的疾患を治療中の方々がほとんどです。そこで、手術・麻酔に際して全身のスクリーニング検査(胸部レントゲン、心電図、呼吸機能検査、血液検査)を行い、手術の危険性に関して術前に麻酔医などと検討しています。

何らかの異常があり、手術のメリットと合併症を客観的に評価して、手術は可能であるも、リスクも大きいと判断した場合は、近隣の公的な総合病院と連携していますので、そちらでの手術をお薦めし、紹介させて頂きます。

一般的な人工関節の手術では、重度の心疾患や透析レベルの腎疾患を抱えていない限り、当センターでの治療が可能です。ただし、感染の危険性が上がるコントロール不良の糖尿病、免疫疾患、皮膚疾患の場合は、それらを近隣の公的病院で治療の上での手術をお願いする場合があります。

Copyright(c) Aihara Medical Center. All Right Reserved