治療の流れ | 医療法人 啓明会 相原病院・人工関節センター・大阪府箕面市

TOPページ ごあいさつ 当センターの特長 過去の手術件数 膝関節の病気と治療 膝関節の病気と治療 人工膝関節置換術 股関節の病気と治療 股関節の病気と治療 人工股関節置換術 治療の流れ 診療のご案内 よくあるご質問 スタッフ紹介
ttl-flow-title01

(紹介状は無くても受診できますが、出来れば今までの治療の経過を知るために、かかりつけ医からの紹介状をもらって来てください。お薬手帳の持参もお願いします。)

診断、手術の必要性の検討と手術の説明の上で、手術日を設定します。(初診日に手術日を決定することもあれば、一度帰宅してからご家族でよく検討の上、再度受診してもらい決定する事もあります。)

ttl-flow-button01
ttl-flow-img01
ttl-flow-title02

設定した手術日の約一ヶ月前に外来で、術前の全身スクリーニング検査(レントゲン、心電図、血液検査)を行い、手術用に自分の血を400ml貯めておきます。

ttl-flow-button01
ttl-flow-img02
ttl-flow-title03

かかりつけ医を受診して、普段から内服されている持病のお薬を入院中と退院後の分まで(約2か月分)処方をしてもらい、入院時に必ず持参してください。
血をサラサラにするお薬は術前に中止が必要となりますので、持病の内服薬に関する情報は必ずお伝えください。

ttl-flow-button01

全身検査で何か異常があれば、必要に応じて近隣の専門医を受診していただきます。

ttl-flow-button01
ttl-flow-img03
ttl-flow-title04

(手術の前日で構いませんが、数日前の週末の入院も可能です。)

ご本人とご家族の方に手術・麻酔・輸血に関する説明を細かく行い(場合により外来受診時に行います)、それぞれの同意書にサインをいただきます。もし、分からない事や不安な事があれば遠慮なく申し出てください。

ttl-flow-button01
ttl-flow-img04
ttl-flow-title05

担当のリハビリスタッフが術前の評価とリハビリを行います。

ttl-flow-button01
ttl-flow-title06

手術日は朝から絶食になります。必要に応じて手術前に麻酔科医の診察があります。手術前に病棟で点滴をとり、手術室に移動します。

ttl-flow-button01
ttl-flow-title07

点滴と尿管と、創部からの出血用の管が入ってストレッチャーで病棟に戻ります。手術当日には食事は出来ませんが、翌朝から食事は可能です。それぞれの管も翌日から抜けて、可能な方には歩行訓練が始まります。

ttl-flow-button01
ttl-flow-img05
ttl-flow-title08

積極的なリハビリは術後二日目から始まり、多くの方が1週間で杖歩行が安定してきます。

約2週間目から退院後の生活を想定した、階段練習や屋外歩行の練習が積極的に進められます。そして、それが安定すれば外出や外泊が可能となり、退院日を決定します。

ttl-flow-button01
ttl-flow-img06
ttl-flow-title09

(手術後2-4週間)

ttl-flow-button01
ttl-flow-title10

外来定期通院退院後1〜2ヶ月、手術後3,6,12,18,24ヶ月、その後1年に1回の術後外来での経過観察は非常に重要です。調子がよくてもレントゲンの定期健診は必要ですので、必ず来院してください。

ttl-flow-button01
ttl-flow-img07

Copyright(c) Aihara Medical Center. All Right Reserved