ごあいさつ | 医療法人啓明会 相原病院・人工関節センター・大阪府箕面市

TOPページ ごあいさつ 当センターの特長 過去の手術件数 膝関節の病気と治療 膝関節の病気と治療 人工膝関節置換術 股関節の病気と治療 股関節の病気と治療 人工股関節置換術 治療の流れ 診療のご案内 よくあるご質問 スタッフ紹介

 「こんなに早くに痛くなくなって、歩けるようになるのだったら、今まで悩んで我慢してきた日々はなんだったの・・!?」
人工関節の手術を受けた患者さんから術後早期にもかかわらず、よく言って頂ける言葉です。

 日本ではいまだに「手術=病気がどうしようもなくなってから仕方なくやるもの」の様な負のイメージが強く、「手術をしても痛みが残り、まともに歩けない」との間違ったイメージが先行して、手術を敬遠する傾向がとても強いのですが、欧米では「痛みが取れるなら手術して、これからの人生を楽しく暮らそう!」と手術に積極的な考え方が主流です。その結果、人工関節を専門に行う施設が多数できました。やはり、専門の医師・看護師とリハビリのスタッフが揃って治療にあたった方が手術も術後の経過も良く合併症が少ないのは自明の理ですし、実際にその様なデータが多数報告されています。

 日本では大きな公的病院が医療の中心をなしてきた歴史があり、“専門に特化した医療”より“広く様々な病気に対応可能な医療”が重要視されてきました。それはそれで素晴らしいことですが、「通院する毎に主治医が替わっていた」、「どの医師が何の専門なのか分からない」、「本当に望んでいる外科医に手術をしてもらっているのか研修医が手術をしているのかも分からない」等々の声をよく耳にします。
にもかかわらず大きな総合病院に患者さんが殺到する理由は、海外に比べて情報公開が非常に遅れたことと、「大病院であれば医療機器もスタッフも揃っている」と云う過剰な期待があるからです。しかし、現代の医療は非常に細分化されており、“総ての専門家を集め、それぞれが専門的な医療を提供可能な病院”は大都市圏でもほんの一握りでしかありません。
日本でも医療に関する様々な情報が、書籍やインターネットなどで集めやすくなるに従い、“広い分野に適度に対応可能な医師”が持てはやされる時代から“ある分野に卓越した技量を持つ専門家”を求める傾向が強くなってきました。

 私も今まで大病院を中心に人工関節を専門として診療をしてきましたが、大病院の長所も短所も知れば知るほど、人工関節センターとしては小回りの効く規模の方が手術と看護とリハビリ総ての面で専門的かつ最新の医療が行いやすい事と、個々の病状や背景に合わせたきめ細かい医療を提供する為には、むしろ、外来から手術・術後管理・リハビリまですべてに目が届く施設の方が理想的だと考えるようになりました。

 以前に比べて人工関節の長期経過が良くなり、リハビリや入院期間も短くなり手術適応の病状も広くなった事と、患者さん自身の痛みのない前向きな人生を過ごしたいとの希望が合致し、日本でも年間約10万件の人工関節置換術が行われるまでになりました。我々は大病院での画一的な治療ではなく、一人一人にベストな医療を通じて、皆さんの積極的な人生を応援していきたいと考えています。

Copyright(c) Aihara Medical Center. All Right Reserved